全国予備校ランキング

近畿エリアのランキング

大阪を中心に兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀と2府4県の近畿エリアです。とりわけ大阪市には都内に比肩するほどの多くの予備校がひしめき合っており、河合塾や駿台予備校、東進衛星予備校、四谷学院に、近畿に強い能開センター高校部、開成教育グループがあります。やはり阪大や京大などの難関、関関同立クラスをめざす受験生にとっては、指導実績がある予備校の人気が高いようです。カリキュラムや講座をカスタマイズして、より学習しやすくするなど、受験生のニーズを組んだスタイルを押し出している予備校もあります。 これらの予備校のほかにもTOMAS、明光義塾も人気があります。 自分が行きたい大学や学部、また学習スタイルに合わせて予備校を選ぶと、合格へどんどん近づいていきます。全国エリアごと魅力的な予備校を厳選しているのでぜひ、参考にしてみてください。

予備校
総合ポイント
授業の質
レベル
時間の自由度
生徒の管理度
サポート体制
四谷学院 22 5 4 3 5 5
レーダーチャートの説明
四谷学院は近畿エリアの大学受験に最適な、人気の予備校です。
「ダブル教育」と呼ばれる独自のシステムは「理解力」と「解答力」が身に付きます。結果、難関大学の入試にも柔軟な対応力を発揮でき、ソツなく得点できる実力が身に付きます。何よりわからない箇所はとことん質問できる、個別指導型の指導スタイルも人気の一つです。
能開センター高校部 15 3 3 3 3 3
レーダーチャートの説明
能開センター高校部は個人別の受験指導を行う、近畿エリアで人気の予備校です。第一志望校への合格を目標に最初に学習プランを作成し、学習の達成度を確認しながら、合格までのシナリオを作っていきます。
映像講座も活用して勉強できるため、自分のペースで学習しやすく、モチベーションを保ちやすい学びやと言えます。
大学受験を通し人間力も育ててくれる、そんな予備校ですね。
河合塾 20 5 5 3 3 4
レーダーチャートの説明
河合塾は近畿エリアの大学に強い、日本三大予備校のうちの一校です。
特徴はテキストの河合、模試の河合などと言われるように、質の高い教材、模試判定の正確さには定評があります。
河合サテライト講座では、スタジオ収録した講師の授業が全国の河合塾ほかで受講可能です。映像授業はCGや実験映像を駆使した視覚的にも理解しやすい内容になっています。
駿台 21 5 5 3 4 4
レーダーチャートの説明
駿台予備校は、京都大学など難関大学への合格実績が豊富、近畿エリアで人気の予備校です。
いわゆる日本三大予備校の一つで、教材、講師の質、模試などの信頼性はバツグン。
学習プログラムも充実の内容となっており、非常に工夫されて作られています。予備校生活を通し、生徒が「いかに本物の実力をつけられるか」を重視。駿台であれば、二次試験等応用問題への十分な対応力を養うことができるでしょう。
開成教育グループ 16 3 3 4 3 3
レーダーチャートの説明
開成教育グループ代ゼミサテライン予備校は、近畿エリアにある予備校です。代々木ゼミナールのカリスマ講師による映像授業を受けて学習するスタイルです。授業は1年間で2000講座あり、その中から自由に選択・カスタマイズして受講し、志望校への合格が目指せます。京大や阪大などへの合格実績も多数あり。勉強と部活を両立させて効果的に学びたい学生にとっても、メリットの大きな予備校です。
東進衛星予備校 16 4 3 5 2 2
レーダーチャートの説明
東進衛星予備校は、全国どこでも、同じレベルの授業を受けることができる「映像授業」が最大の魅力です。
授業に出てくる講師の多くは、いわゆる「有名講師」。難しい内容もわかりやすく教えてくれます。
映像授業は自分の好きな時間に受講できるため、学習の習熟度やスケジュールに合わせて勉強できます。
取り組み方次第ですが、時間のメリハリをつけた学習で、学力を効果的に伸ばせます。京都大学などの難関校に合格できる実力をつけられる予備校と言えるでしょう。

当サイトでは、大学の受験勉強および予備校通学に関する体験者の評価をインターネットアンケートによって調査いたしました。
アンケートについて≫
各項目ごとの順位をご確認いただけます。※同一スコアの場合は総合ポイントの高い方を優先的に表示
レーダーチャートの説明

注目予備校から自分にピッタリの予備校を診断!

レーダーチャートの説明

●授業の質
授業のわかりやすさ、講師の指導力の高さなど授業満足度を5段階評価
●適切なレベル設定
自分の学力レベルや理解度にあった授業が受けられるかを5段階評価
●質問のしやすさ
分からないところを気軽に質問できる環境かを5段階評価
●学習環境・自習室
施設のきれいさ、自習室が十分に用意されているなど、集中して学べる環境が整っているかを5段階評価
●進路指導
進路情報の提供力、面接対策、推薦・AO入試対策、全国模試などがあるかを5段階評価
●学校や部活との両立
自分の都合に合わせて時間割が組めたり、不都合な日時に振替ができるかを5段階評価
●フォロー体制
欠席時のフォローや個別対応のきめ細やかさなど面倒見の良さを5段階評価

総合ポイントとは

レーダーチャートの各項目を満点が20ポイントとして評価した合計値。ポイントが高いほど、予備校の総合力が高い。

閉じる