東京工業大学の受験対策

東京工業大学

大学の特徴
1928年に設置された国立大学で、東京都目黒区に本部を置いています。在籍数は約9,800人。主な卒業生に岩田聡、菅直人、白川秀樹などがいます。工業立国を目指し、明治政府が職工長・工業教員の養成を目的に設立した「東京職工学校」を母体としています。理学部、工学部、生命理工学部を擁し、6つの研究科があります。

入試の傾向と対策
● 傾向と対策
入試問題は難問が多く、演習と問題研究を重ねておく必要があります。二次試験重視の採点方式で、センター試験は950点満点中600点以上が基準点となりますが、二次試験に加点されるわけではありません。ただし、受験漏れが出ないよう、科目選択には注意しましょう。入試科目は全類同じで、数学・外国語・物理・化学の4科目です。数学の配点が全体の4割(300点)と高く、注意が必要です。数学は微分積分や数列、解析学的な問題が出やすいこと、また、繁雑な数式を利用する問題も多く出題されます。時間は平成23年までは150分でしたが、近年は180分が主流です。

● ポイント
・センターの失敗は二次試験で取り戻せる
・高校数学の基礎、定型的解法をすべて使えることが合格への近道
・二次試験数学の目標点は55〜65%が目安

所在地 東京都目黒区大岡山2丁目12-1
学部 理学部 工学部 生命理工学部

東京工業大学の受験対策に最適な予備校ピックアップ

独自システムが学力を飛躍的に伸ばずカギ。

予備校
総合ポイント
授業の質
レベル
時間の自由度
生徒の管理度
サポート体制
四谷学院 22 5 4 3 5 5
レーダーチャートの説明
独自システムが学力を飛躍的に伸ばずカギ。
駿台 21 5 5 3 4 4
レーダーチャートの説明
長年に渡って蓄積されたノウハウで合格までをサポート。
河合塾 20 5 5 3 3 4
レーダーチャートの説明
緻密に計算されたカリキュラムで力が付くとの声多数。
SEG 17 4 3 2 4 4
レーダーチャートの説明
創造力と想像力を育てる指導で学ぶ楽しさを実感できる。
TOMAS 20 5 4 4 3 4
レーダーチャートの説明
実績豊富な講師がマンツーマンで徹底的に指導。
東進衛星予備校 16 4 3 5 2 2
レーダーチャートの説明
生徒のニーズに合わせた映像授業が魅力のひとつ。

当サイトでは、大学の受験勉強および予備校通学に関する体験者の評価をインターネットアンケートによって調査いたしました。
アンケートについて≫
各項目ごとの順位をご確認いただけます。※同一スコアの場合は総合ポイントの高い方を優先的に表示
レーダーチャートの説明

注目予備校から自分にピッタリの予備校を診断!

レーダーチャートの説明

●授業の質
授業のわかりやすさ、講師の指導力の高さなど授業満足度を5段階評価
●適切なレベル設定
自分の学力レベルや理解度にあった授業が受けられるかを5段階評価
●質問のしやすさ
分からないところを気軽に質問できる環境かを5段階評価
●学習環境・自習室
施設のきれいさ、自習室が十分に用意されているなど、集中して学べる環境が整っているかを5段階評価
●進路指導
進路情報の提供力、面接対策、推薦・AO入試対策、全国模試などがあるかを5段階評価
●学校や部活との両立
自分の都合に合わせて時間割が組めたり、不都合な日時に振替ができるかを5段階評価
●フォロー体制
欠席時のフォローや個別対応のきめ細やかさなど面倒見の良さを5段階評価

総合ポイントとは

レーダーチャートの各項目を満点が20ポイントとして評価した合計値。ポイントが高いほど、予備校の総合力が高い。

閉じる