東京学芸大学の受験対策

東京学芸大学

大学の特徴
1949年に設置された国立大学です。本部は東京都小金井市。在籍数は約4,900人、主な卒業生に栗山英樹、米村でんじろう、押井守らがいます。教育学部のみの単科大学で、教員養成大学としても有名です。ただし、教育学部は2015年度入学生から「学校教育系」と「教育支援系」に再編されており、教育系については卒業要件の一つに教員免許の取得がある反面、教養系にはそれがありません。

入試の傾向と対策
● 傾向と対策
教育学部の単科大学らしく、二次試験は専門科目の1教科もしくは小論文と面接(実技)のみの受験が可能です。ただその分センター試験の配点比率が非常に高く、センター試験での失敗は二次試験では取り返せません。得点ですが80%は最低ライン、できれば85%は取っておきたいところです。このような背景から、早めのセンター試験対策が必須になるのと、専修に応じた個別科目対策を集中して行いましょう。

● ポイント
・二次試験は専修によって1科目受験ができる
・センター試験の配点比率が高い
・二次試験は実技や面接を行う専修もある

所在地 東京都小金井市貫井北町四丁目1番1号
学部 教育学部

東京学芸大学の受験対策に最適な予備校ピックアップ

合格のためのノウハウが詰まった学習システムが自慢。

予備校
総合ポイント
授業の質
レベル
時間の自由度
生徒の管理度
サポート体制
四谷学院 22 5 4 3 5 5
レーダーチャートの説明
合格のためのノウハウが詰まった学習システムが自慢。
河合塾 20 5 5 3 3 4
レーダーチャートの説明
一人ひとりに合わせた指導で力を伸ばす。
駿台 21 5 5 3 4 4
レーダーチャートの説明
落ち着いて学習できる自習室は魅力。
東進衛星予備校 16 4 3 5 2 2
レーダーチャートの説明
繰り返し学習で力を付けられるとの声多数。
市進予備校 17 3 2 3 5 4
レーダーチャートの説明
豊富な受験情報で強力サポート。
山手学院 15 4 3 2 3 3
レーダーチャートの説明
的確な指導で学力を高める勉強法が身につく。

当サイトでは、大学の受験勉強および予備校通学に関する体験者の評価をインターネットアンケートによって調査いたしました。
アンケートについて≫
各項目ごとの順位をご確認いただけます。※同一スコアの場合は総合ポイントの高い方を優先的に表示
レーダーチャートの説明

注目予備校から自分にピッタリの予備校を診断!

レーダーチャートの説明

●授業の質
授業のわかりやすさ、講師の指導力の高さなど授業満足度を5段階評価
●適切なレベル設定
自分の学力レベルや理解度にあった授業が受けられるかを5段階評価
●質問のしやすさ
分からないところを気軽に質問できる環境かを5段階評価
●学習環境・自習室
施設のきれいさ、自習室が十分に用意されているなど、集中して学べる環境が整っているかを5段階評価
●進路指導
進路情報の提供力、面接対策、推薦・AO入試対策、全国模試などがあるかを5段階評価
●学校や部活との両立
自分の都合に合わせて時間割が組めたり、不都合な日時に振替ができるかを5段階評価
●フォロー体制
欠席時のフォローや個別対応のきめ細やかさなど面倒見の良さを5段階評価

総合ポイントとは

レーダーチャートの各項目を満点が20ポイントとして評価した合計値。ポイントが高いほど、予備校の総合力が高い。

閉じる