大阪大学の受験対策

大阪大学

大学の特徴
1931年に設立された国立大学です。大阪府吹田市に本部があります。在籍数は約2.3万人と京都大学とほぼ同じ。2007年に大阪外国語大学と統合し、1学年あたりの学生定員は国立大学で最多の3,245人になりました。世界大学ランキングに毎年ランクインするなど、日本を代表する大学の一つになっています。主な卒業生は手塚治虫、盛田昭夫など。

入試の傾向と対策
● 傾向と対策
難問や奇問はあまり出題されないため、基礎力を徹底的につけておき、二次試験対策を行いましょう。センター試験の配点は他の難関国立大と比較しても低くないので、まずは高得点を目指しましょう。
一般入試では文系・理系とも外国語は必須。リスニングは外国語学部のみ。総合力を問われます。国語は文系学部だけです。数学は文系が3問90分、標準レベルの問題が出題されますが、理系は5問150分、ハイレベルな問題ぞろいです。

● ポイント
・理系の場合、センター試験の国語の比重が高いため気を抜けない
・二次試験の英語は問題量が多く、スピード解答が必要
・平成29年度入試から、後期日程が廃止

所在地 大阪府吹田市山田丘1番1号
学部 人間科学部 文学部 外国語学部 法学部 経済学部 理学部 医学部 歯学部 薬学部 工学部 基礎工学部

大阪大学の受験対策に最適な予備校ピックアップ

効果的な特別プログラムで学力アップを実現。

予備校
総合ポイント
授業の質
レベル
時間の自由度
生徒の管理度
サポート体制
四谷学院 22 5 4 3 5 5
レーダーチャートの説明
効果的な特別プログラムで学力アップを実現。
駿台 21 5 5 3 4 4
レーダーチャートの説明
熱意ある講師と質の高いテキストが魅力。
河合塾 20 5 5 3 3 4
レーダーチャートの説明
入試本番を考えて組まれたカリキュラムが人気。
研伸館 17 4 3 3 4 3
レーダーチャートの説明
さまざまなニースに対応できる学習コンテンツを用意。
東進衛星予備校 16 4 3 5 2 2
レーダーチャートの説明
スモールステップ学習で着実に学力向上を図れる。
能開センター高校部 15 3 3 3 3 3
レーダーチャートの説明
大学受験の先を見据えた指導が特徴。

当サイトでは、大学の受験勉強および予備校通学に関する体験者の評価をインターネットアンケートによって調査いたしました。
アンケートについて≫
各項目ごとの順位をご確認いただけます。※同一スコアの場合は総合ポイントの高い方を優先的に表示
レーダーチャートの説明

注目予備校から自分にピッタリの予備校を診断!

レーダーチャートの説明

●授業の質
授業のわかりやすさ、講師の指導力の高さなど授業満足度を5段階評価
●適切なレベル設定
自分の学力レベルや理解度にあった授業が受けられるかを5段階評価
●質問のしやすさ
分からないところを気軽に質問できる環境かを5段階評価
●学習環境・自習室
施設のきれいさ、自習室が十分に用意されているなど、集中して学べる環境が整っているかを5段階評価
●進路指導
進路情報の提供力、面接対策、推薦・AO入試対策、全国模試などがあるかを5段階評価
●学校や部活との両立
自分の都合に合わせて時間割が組めたり、不都合な日時に振替ができるかを5段階評価
●フォロー体制
欠席時のフォローや個別対応のきめ細やかさなど面倒見の良さを5段階評価

総合ポイントとは

レーダーチャートの各項目を満点が20ポイントとして評価した合計値。ポイントが高いほど、予備校の総合力が高い。

閉じる