オススメの予備校を徹底比較

予備校選ぶならどこを重視する?

大学入試で予備校を利用した人300人にアンケート。後輩たちにぜひ伝えたい、予備校選びのポイントについて聞きました!

授業経験者を対象におこなったアンケートで、各校を5段階で評価しました
  1. 1位 授業の質を重視したほうが良い
    求めるのは志望校合格のみ。
    そこから導き出される答えは授業の質、これは当然ですね。
  2. 2位 自分の学力レベルに合ったところを選ぶ
    背伸びしても仕方ない、自分の身の丈に合った所から
    確実にステップアップしたほうが良いんですね。
  3. 3位 時間の融通が利く
    自分の生活スタイルに合った受験勉強がストレスなく学力を伸ばす秘訣です。
    その他、サポート力、通学のしやすさ、費用などが上がってきています。

大手予備校9校をランキング化。
先輩たちのアンケート結果がベースだから信頼度◎!

気になるランキングはこちら

授業料を比較

年間平均額でみると、集団授業を行っているいわば「普通」の予備校よりも、個別指導やチューターが進路指導などのサポートを行ってくれる方が高い傾向に。サポートのための人件費が高額になる理由だが、利用している側はその分目標設定、勉強方法など何でも相談できる環境があり、メリットは大きい。

中でも早稲田塾は、進路指導、試験対策はもちろん、その他のイベントやカリキュラムが豊富で、充実度は他と比較すると頭一つ抜けている。城南予備校はチューターが付き、スケジュール管理から勉強方法までを管理していくため、授業料は割高となっている。城南は個別指導タイプの方がより高額だが、その分サポート度合いが高く、多くても1対3人での授業なので、質疑応答も抜群にしやすい。
その内容からすれば料金は妥当といったところか。四谷学院は集団授業と個別指導を両方行い、バランスは良い。カリキュラムも難関大学まで網羅してくれるのは魅力的だ。その他学習塾としては有名なTOMAS、明光義塾は大学受験対策に限定して考えると、若干物足りない感がある。

予備校は自分の目標が明確で、自己管理もでき、受験へのモチベーションが高い人は一般的な予備校を、まだ目標がない、勉強する環境を作りたい人は個別指導もしくはサポートの手厚い予備校を選ぶべきだ。もっとも避けるべきは自分に合わないやり方で最後まで勉強してしまうこと。自分にプラスにならなければ授業料がたとえ安くてもムダになる。もっとも損失が大きいのはそのパターンだ。

授業料の比較
  授業1時間あたりの
授業料
年間の授業回数 備考
河合塾 ¥3,111 24 90分講座
駿台 ¥2,533 24 Sレベル講座
四谷学院 ¥2,175 29 週8回受講の場合
東進 ¥2,450 20 通期講座
早稲田塾 ¥8,758 26 英文法・語法(2単位)申込の場合
城南予備校 ¥3,327 28 週1回受講の場合
TOMAS ¥6,583 週2回受講の場合
Z会 ¥39,744(年間) 添削指導+テキストの場合

通いたい予備校のイメージがついてきただろうか。
他のデータも比較してみると…

気になるランキングはこちら

エリア別比較

予備校は東京を中心とした首都圏にまんべんなく校舎がある。近畿や中部への展開は予備校によって事情が異なる。
河合塾、駿台、四谷学院などの大手に通えるメリットを享受できるのは、札幌、仙台、広島、福岡などの大都市圏に住む人に限定されるが、そのほかの地域でも、東進衛星予備校のDVD授業、明光義塾の個別指導といったように利用可能なところはある。受験対策のノウハウや情報量を考えたとき、地元の予備校や学習塾に通う選択肢を含めつつ、大手予備校を中心に検討したほうがよい。

  首都圏 近畿 中部
河合塾 札幌、仙台、広島、福岡など
駿台 札幌、仙台、福岡など
東進(衛星含む) ほぼ日本全国
早稲田塾 × × 東京・神奈川のみ
城南予備校 × × 神奈川・東京が中心
四谷学院 札幌、仙台、広島、福岡など
TOMAS × × 東京中心の首都圏のみ
明光義塾 ほぼ日本全国

通いたい予備校のイメージがついてきただろうか。
他のデータも比較してみると…

気になるランキングはこちら