どうやって決めているの?大学や学部の選び方・決め方

「どうやって決めているの?大学や学部の選び方・決め方」サムネイル画像

「早くに大学を決めれば、その分志望大学・志望学部に合った勉強方法を選びとれる」と言われています。
これは受験を勝ち抜くうえで、非常に重要な要素です。

ただ、「自分の進路」というのをなかなか決めかねている、という人も多いのではないでしょうか。
また、「なんとなく文系」「一応理系に進むつもり」と漠然と決まっていても、その細かい内容までについてはまだまだ考えていない人も多いはず。

ここでは、「大学や学部にはどのようなものがあるのか」という基本についてお話していきます。

大学や学部ってどんな種類があるの?

大学や学部にはどのような種類があり、どのような系統があるのか、その大きな区分について見ていきましょう。

国公立・私立・文科省管轄外大学校をあわせて700校以上!

「大学の数」というのは、無数といってよいほどあります。
大学は大きく分けて、国公立・私立・文科省管轄外大学校に分かれます。
その数はあわせて700校以上!
大学というのは専門的な知識をつけていくためにある学び舎ですから、そのバリエーションも非常に豊富です。

その背景の一つとして、大学進学率の上昇が挙げられます。

昭和29年のときの4年制大学への進学率は、男性で13.3パーセント、女性にいたってはわずか2.4パーセントにすぎませんでした。
進学率は7.9パーセントと、8パーセントを切っていたのです。

しかし、平成21年には、男性の進学率が55.9パーセント、女性の進学率が44.2パーセントとなり、50パーセントを越えました。
それ以降も多少の増減はあるものの、半数近くの人が大学に進学しています。

出典:武庫川女子大学
http://www.mukogawa-u.ac.jp/~kyoken/data/13.pdf

このような流れと合わさって、大学も、より細分化して、より専門性が高く、そしてよりレベルのバリエーションも豊かになっていったのだと推測されます。

大学は、勉強をするために行くところです。
そのため、無数にある選択肢のなかから、自分に合った、自分が学びたいと思うものを選んでいく必要があります。

「何を学びたいのか」ということは基本ですが、もう一つ考慮したいのは「運営している団体」です。

日本の大学は、「国公立」「私立」「文科省管轄外大学校」の3つ大きく分かれます。
それぞれの特徴を持っているので、簡単に見ていきましょう。

【国公立】

名実ともに日本のトップ大学である「東京大学」、関西の雄である「京都大学」などは、国公立大学(以下「国公立」)に分類されています。
運営団体が国や地方自治体になるため、学費が安いというメリットがあります。

この「学費が安い」というメリットは、特に「医学部」を志望するときに顕著になります。
医学部は非常にお金がかかる学部なのですが、国公立の場合は、ほかの学部とほぼ学費がかわりません。
そのため、経済的に余裕のない家庭であっても通うことができるというメリットがあります。
医学部の学費については、国公立と私立大学(以下「私立」)では10倍ほども変わるとされています。

また、国公立は大学内の設備が充実している傾向にあります。
もう少し正確に言うのであれば運営が国や地方自治体であるため、予算配分も決まっており、どの学部であっても不公平感があまりないとされています。
そのため「どの学部であっても、安定した設備供給が見込める」ということになるでしょう。

【私立】

「私立」「私大」と言われます。六大学として名高い「早稲田大学」「慶応義塾大学」がこの「私立」にあたります。
文字通り、私人が運営している大学であり、国などはその運営には当たりません。

私立の場合、国公立に比べて校舎や設備、校風の自由度が高いという特徴があります。
キャンパスも美しく、通いやすいところにある傾向があるため、快適で活発な学校生活を楽しむことができます。
サークルが多く、充実しているのも特徴の一つです。

私立の場合、「どこにお金をかけるか」を自由に選ぶことができます。
そのため、「自分の目指す学部」が、「お金を掛けてもらっている学部」であったのなら、より充実した研究ができることでしょう。

また、私立大学の方がサポート体制が充実している可能性が高いとも言われています。
国公立に比べて就職の斡旋が多くあり、「社会人」としての活躍を見越して私立を志願する人もいます。
加えて、私立は国公立に比べて選択肢が豊富であるため、より自分の好み・進みたい方向に合った大学を探しやすいという特徴があります。
ただし、私立の場合は学費が高くなる傾向にあるので注意が必要です。

【文科省管轄外大学校】

大学は、基本的には文部科学省(以下「文科省」)が管轄しています。
しかしそれ以外にも特殊な学校もあります。

それが、「文科省管轄外大学校」です。
これは、各省庁などが定めた大学であり、文科省の管轄を受けません。
数は決して多くなく、全国で8つしかありません。

まず、防衛省が管轄する「防衛医科大学校」「防衛大学校」。
それぞれ6年制と4年制です。
有名な文科省管轄外大学校でもありますから、名前を聞いたことのある人もいるかもしれません。

それ以外にも、気象庁が管轄する「気象大学校(4年制)」、国土交通省管轄の「航空保安大学校」、独立行政法人国立国際医療研究センター管轄の「国立看護大学校(4年制)」などがあります。

「将来なりたい職業が明確に決まっている」ということであれば、このような文科省管轄外大学校を選んでもよいでしょう。

さまざまな学部も、大きく分けると4通りになる

「学部っていうけど、いっぱいありすぎて何がなんだかわからない!」という人もいるでしょう。
実は、数多くある学部は、4通りに大別されているのです。

自然科学系

「自然科学系」といっても、「野菜や植物を研究する学科」だけを言うわけではありません。
自然現象を分析し、研究し、それを現在や未来の技術の革新に変化させていく技術を学ぶ系統のことを言います。

このため、まず、農業や動物に関わる農畜産業、そして水産業などはここに分類されます。
また「自然現象」ということで、人間の身体変化に関わる医学部や薬学部、看護学部もここに分類されます。

意外に思われるかもしれませんが、理学部や工学部といった理系もここに分類されます。
理学部は自然界を形作る法則について学んだり、自然界にある物質について探求したりするところです。
工学部では、電気をはじめとするエネルギー分野について深く学んでいきます。

社会科学系

人間社会の営みや国家の仕組みを系統だって学び、研究していく分野のことを言います。
これは比較的イメージしやすいでしょう。

現在の国家の根底を支える経済学部や、企業の運営方法を学ぶ商学部や経営学部、法律について研究する法学部などがここに分類されます。

また、社会学や福祉もこちらに含まれるため、地域の福祉学科なども「社会科学系」にカテゴライズされます。

人文科学系

人間は昔から言葉を愛し、本を読むことを愛してきました。言葉のない生活というのはコミュニケーションがうまくとれないことと同じです。
「引き継がれる文化」は、そのまま、人間を人間たらしめる要素となります。

このような時代ですから、海外の言葉を学び、さまざまな交渉ごとを円滑に進めていく能力も求められます。
そのような、「文化」を学ぶのが、「人文科学系」と言われる学問です。

先ほど述べたように、「文学部」は最たる例であります。
また、外国語を学ぶ学部もこちらに分類されます。外国語というと多くの人が「英語」を連想するかと思われますが、実際にはアジアの言語を学んだり、国際関係について勉強していくことを中心としていたりする学部もあります。

学際系学部・文理融合系学部

学際系と文理融合系学部の2つは、前に挙げた3つと比べると、非常に新しい学部です。

どちらにも言える最大の特徴は、「複数の分野にまたがった、学問と学問の境界線にあるところを勉強する」といったスタイルと目的をとっていることです。

学際系は、自然科学・社会科学・人文科学の枠組みにとらわれず、広い視野を身につけることを目指しています。
たとえば、農業改革と流通改革を組み合わせて、より新鮮に効率よく食べ物を開発し、消費者に届けることを勉強する人もいるでしょうし、食の安全について研究していく人もいます。

また、「文系と理系はまったく正反対のもの」という価値観を打ち砕くのが文理融合系大学です。
さまざまな学問を組み合わせて勉強をしていくものであり、情報メディア関係に携わる研究などを行います。

ちなみに、哲学や化学といった、一見するとまったく関係のなさそうに見える分野を学んでいくというスタイルをとることもあります。

学部はどうやって決めればいい?

ここからは実践編です。

このように選択肢が豊富な大学のなかで、自分に合ったものを選ぶときにはどのようにすればよいのでしょうか。

これには大きく分けて、2つの方法があります。

・将来のなりたい職業で選ぶ
・自分の好きなものから選ぶ

たとえば、「医師になりたい」と考えるのであれば、医学部に入って勉強する必要があります。
また、弁護士になりたいと考えるのであれば、法学部に入った方がよいでしょう。
ほかの学部に入っても、学士編入制度などを使って医学部で学び直すことは可能です。

また、弁護士も実は学歴を問わない職業ですから、これらの学部に入っていなくても、その職業に就くことは可能です。
ただし、現実は非常に時間がかかり、また狭き門です。

そのため、「就きたい職業がある」ということであれば、それに繋がる学部を選ぶのが鉄則です。

それから「自分の好きなものから選ぶ」というのも一つの手です。
「たとえ将来的に就職が難しくなったとしても、自分が好きなことを一生懸命勉強した結果ならばそれで良い」と考える人もいるほど、「好きなものから学部を選ぶ」という選択肢は強いものです。
歴史が好きならばそれに準じた学部を、化学が好きならそれに準じた学部を、と考えて選択肢を狭めていきましょう。

それでも決められない、ということであれば、幅広い学問を学べる大学を選ぶのもよいでしょう。
大学で学んでいる間に、自分自身の「これがやりたい!」が見つかるかもしれません。

時々、「学びたいものがないのに大学に行くのは金の無駄だ」という人がいます。
これも一面の真実ではありますが、大卒と高卒では就職の選択肢が変わってきます。
選択肢を増やすために、大学に行くのもよいでしょう。

志望校を決める決め手となるものは?

ある程度志望校を絞り込むことができたのなら、オープンキャンパスや学園祭に足を運んでみましょう。
文字でその学校の特徴を知ることと、実際の空気に触れてみることでは、大きな違いがあります。

オープンキャンパスとは、学校側がキャンパスに志望者を招き入れる、というものです。
キャンパスツアーや説明会、体験授業などを行います。
オープンキャンパスは8月、夏の時期に行われることが多いです。
高校3年生の夏に行ってもいいのですが、受験の天王山でもある時期です。
早めに志望校を決めることができたのであれば、2年生のときなどに行ってもよいでしょう。

高校のころと比べて、大学の文化祭は広く開放されるので、文化祭の時期に行ってみたい大学の雰囲気を見にいくのもいいでしょう。
このときのキャンパスというのは「いつもの雰囲気」ではありません。

しかし実際に建物を見て、楽しく過ごす先輩たちの姿を見ることは、「この大学に進みたい」という強い動機付けになるでしょう。

進路が決まったら

大学や学部を選び、オープンキャンパスに足を運び、「この大学に行きたい」ということが大まかに決まったら、後はそれに向けて勉強をしていくだけです。
その学校の出題傾向を赤本などで調べて、勉強に取り組んでいきましょう。
場合によっては、予備校や塾、通信教育や家庭教師を利用するのも一つの手です。

また、「どうしても受験したいところがあるが、苦手科目が必須科目としてある」という場合は、苦手科目の克服にいそしみましょう。
早く進路を決めることができれば、それだけ、「苦手科目の克服」に割ける時間が多くなる、というメリットがあります。

現在は「英語」に重点を置く学部も増えています。「大方の進路は決まったけれど、まだ微調整が必要である」という場合も、英語の勉強は進めていきましょう。



関連記事

注目予備校から自分にピッタリの予備校を診断!予備校診断はStart!

カテゴリー

アーカイブ