上智外英の魅力とは?外国語学部英語学科で身につく実践的な英語力

「上智外英」と略して呼ばれることも多い上智大学外国語学部英語学科。語学としての英語を実践的に学び、グローバルに活躍できる人材を育成してきた学科です。上智大学では、グローバル教育センターを拠点にグローバル社会に対応するための留学制度やグローバル教育を続けていて、上智外英の学生も多く利用しています。 今回の記事では、交換留学を利用して海外で単位取得もできる上智外英の外国語教育の魅力についてまとめてご紹介します。 上智外英で学ぶ英語と英語圏文化 グローバル教育や留学制度が充実していることで知られる上智 […]

続きを読む

上智は留学に強い!グローバル教育センターを拠点とした留学制度

キリスト教系の私立大学として海外との交流が盛んな上智大学。グローバル教育センターを中心とした留学制度や、グローバル教育を学生向けに運営しています。外国語や海外留学に関心の高い学生にとって、理想的な環境が整っているといえるでしょう。 今回の記事では、上智大生が利用できる学内の留学制度について、留学の種類や内容をまとめてご紹介します。 海外交流が盛んな上智の学風 上智大学では「外国語」や「グローバル教育」にあこがれて進学してきた学生たちがたくさん学んでいます。私立大学のなかでも、グローバルな視点で学 […]

続きを読む

上智の学費はどのくらいかかる?早慶やMARCHとの差を比較してみよう

上智大学の学費は、どのくらいかかるのでしょうか。主要学部をいくつかピックアップして、入学金や授業料、施設設備費など、初年度の納入金を紹介していきます。あわせて、早慶やMARCHなど、関東の主要私大の学費も比較してみます。ズバリ!上智の学費はこれだけかかる上智大学の初年度納入金は、学部によって金額に違いがあります。文学部や法学部、経済学部などの文系の学部の学費は、入学した1年間で130万円程度です。理工学部(春入学)や看護学科などの理系の学部や学科では180万円程度かかります。文系学部より理系学部 […]

続きを読む

上智大学と同志社大学の違いは?受験の難易度から就職率まで

上智大学は、私立御三家の1校として「早慶上智」などと呼ばれています。一方で、京都市の同志社大学は関西で「関関同立」を代表する大学です。上智大学と比べて関西の同志社大学はどのような特徴を持つ大学なのでしょうか。 関西私大の雄・同志社大学 同志社大学のはじまりは、明治を代表する教育家の一人だった新島襄(にいじまじょう)が1875年に設立した同志社英学校です。アメリカでキリスト教に深く傾倒した新島は、帰国後の1888年、京都に同志社英学校を設立。2022年現在、京都御所の北側にある今出川校地と京都府南 […]

続きを読む

1 / 812345...最後 »

アーカイブ