【最新版】受験生必見!さまざまな角度から早慶を比較

「【最新版】受験生必見!さまざまな角度から早慶を比較」サムネイル画像

大学受験もいよいよ大詰めとなり、志望校を確定し始めた受験生も多いでしょう。その中には、「早慶どちらを本命にしようか」と悩んでいる受験生もいるのではないでしょうか。そこで、本記事ではさまざまな角度から早稲田大学・慶応大学を比較してみた結果をご紹介します。学生数で早慶を比較まずは、学生数で早慶を比較してみましょう。早稲田大学2021年度の早稲田大学在籍学生数(通信教育課程除く)は4万6,330人です。 <内訳>学部(13学部)3万7,921人(通信教育課程除く)大学院(23研究科)8,409人参照: […]

続きを読む

東大と併願するならどの大学?国立や早慶と比べてみよう

「東大と併願するならどの大学?国立や早慶と比べてみよう」サムネイル画像

東大受験で話題になる併願校。東大を目指して勉強をがんばっている受験生にとって、できるだけ併願校対策に時間を取られたくありません。悩んでいるうちに、出願時期が近くなってしまうため、早めに併願校を選定しておきましょう。 ここでは、東大の併願校で人気の一橋や東工大、早慶を中心に、東大受験勉強の邪魔にならない大学を考えます。 東大の併願で人気の大学はどこ? 東大を目指す学生の中には、東大一本、つまり単願でチャレンジする人もいます。東大合格だけを目標に学習を積み重ねてきた人にとって「私立の併願校の受験すら […]

続きを読む

東大に入るメリットは?東大のすごさを再確認

「東大に入るメリットは?東大のすごさを再確認」サムネイル画像

東大は、日本の大学の中でも知名度抜群の最難関大学です。なかには、子どものころから「東大合格」を目指して勉強をがんばっている人もいるのではないでしょうか。東大卒業生は、官僚や政治、産業界、学問分野など社会のさまざまな分野をリードする活躍をしています。ここでは、東大に入るメリットを改めて考えていきましょう。 なぜ「東大はスゴイ!」となるのか 1877年の創立以来、学歴社会の日本で大学トップの座を守り続けている東大。日本人なら「東大=超頭がいい」「東大卒=官僚や民間で活躍できる」といったイメージを抱い […]

続きを読む

上智大学経済学部で何を学ぶ?「英語特修プログラム」についても解説

「上智大学経済学部で何を学ぶ?「英語特修プログラム」についても解説」サムネイル画像

上智大学経済学部は、東京都心の四谷キャンパスにあります。大都会の学生生活に憧れて同学部を志望する人も多いのではないでしょうか。ただ、上智大学経済学部は受験の難易度が高いことでも知られているので入念な受験対策が必要です。上智大学経済学部について見ていきましょう。上智大学経済学部の4つの特長最初に、上智大学経済学部の4つの特長について説明します。少人数教育に力を入れている上智大学経済学部と他大学の経済学部と大きく異なる点は、少人数教育に力を入れている点です。例えば、慶應義塾大学経済学部の学生数は5, […]

続きを読む

1 / 3812345...102030...最後 »

アーカイブ