おすすめ予備校 TOP9

東大浪人とはどんな生活?受験の条件や浪人時代にやるべきことを解説

現役合格を目指して勉強していても、時には「浪人したらどうなるか」、気になる人もいるのではないでしょうか。例えば、難関校の東京大学の場合は、浪人も珍しくありません。もし、浪人した場合の再受験の条件や浪人時代の生活を知っておくと、万一の際の選択肢を広げることができるでしょう。 本記事では、浪人して東大を受験する場合のメリット・デメリットや受験条件を整理して、浪人する場合の生活、浪人する際に気をつけたいことを解説します。 浪人するメリットとデメリット 東大を第一志望として勉強してきた人にとっては、「受 […]

続きを読む

3,000時間の勉強で東大に!?合格を引き寄せる時間管理のコツ

世間の俗説の一つに「3,000時間勉強すると東大に合格できる」という話があります。高校生の受験勉強は、時間に追われることが多く、志望校合格という目標達成のためには、時間を意識した勉強法の確立が必要です。本記事では、東大生の1日の勉強時間を参考に、3,000時間を計画的かつ効率的に使うための時間管理術をご紹介します。〇〇時間の法則とは「〇〇時間の法則」とは、コンピューターサイエンスの研究に携わるPhilip Guo氏が提唱している考え方です。東大合格を目指す3,000時間とは、どの程度の時間なのか […]

続きを読む

東大も文系も!メタバースやVR・ARが学べる学部・学問を紹介

メタバースは、オンライン上のコミュニケーション方法が大きく変わるものとして注目を集めています。例えば、東京大学では2022年後期からメタバース工学部が創設されるなど、大学でも学問としてメタバースを取りあげています。本記事では、メタバースの概要や東大、その他大学におけるメタバース関連の教育事例を紹介します。東大大学院の授業料は修士と博士で異なるメタバースは、将来一般的なビジネスに活用される可能性を秘めています。まず、メタバースが社会や大学でどのように取り入れられているかをご紹介します。メタバースの […]

続きを読む

東大大学院の学費はどのくらい?必要な金額や納付方法、免除制度まとめ

東大大学院に入学すると、どのくらいの学費がかかるのでしょうか。東大大学院の学費は、基本的に学部学生と同額です。ただし、一部の専攻先で大幅に金額が異なる場合があります。そこで、今回の記事では、東大大学院の授業料や入学料、初年度の学費をはじめ、納付方法や免除制度についてまとめて説明します。東大大学院の授業料は修士と博士で異なるまず、東大の大学院の入学料は28万2,000円で初年度のみ納入が必要です。一方、大学院学生の授業料は、修士課程と博士課程で1万5,000円の違いがあります。 ・修士課程・専門職 […]

続きを読む

1 / 1712345...10...最後 »

アーカイブ