大学受験英語の実力アップ!音読の効果的な勉強法とは?

「大学受験英語の実力アップ!音読の効果的な勉強法とは?」サムネイル画像

音読とは、英語を発声しながら読む勉強法ですが、実は英語力を飛躍的に伸ばすことができるのです。
今回は、大学受験対策に効果的な、音読の勉強法についてご紹介します。

音読をすることのメリット

教科書と参考書、ノートといった、読み書きする勉強とは違い、音読をすることでさまざまなメリットが得られます。

長文読解が楽になる

音読をやることの最大のメリットは、日本語とは文法の違う英文を、前から読んで理解できるようになることでしょう。
英文と文法に慣れていないと、語順をさかのぼって意味を確認することが多いはずです。
しかし、音読は逆から読むことは不可能であるため、英語をより理解することができます。

リスニングに役立つ

単語のスペルや意味を知っているだけでは、リスニングをしても理解できません。
音読は文章を理解できるスピードが格段に速くなり、かつネイティブの発音も身に付くので、リスニング試験にも大いに役立ちます。

英語力が上がる正しい音読のポイント

音読はただ読むだけで実力が付くのではなく、正しい方法で実践してはじめて効果が表れます。

CDを最大限に活用する

英語を話せない日本人がいきなり音読をしたところで、継続的に正しい発音で音読することは不可能に近いです。
音読の効果を最大限に得るためには、参考書などに付属しているCDを活用することがポイントです。
CDを使うことで繰り返し音読でき、ネイティブの発音を覚えられる上に、間違った発音の矯正にもつながります。
英語が伸び悩んでいる受験生こそ、CD付きの参考書の中から自分のレベルに合ったものを探しましょう。

単語の意味と文章構造を把握しておく

音読をする文章の中にわからない単語があると、英文を理解せず、表面的に読んでいるだけでは音読の効果はありません。
単語の意味を把握した上で音読をする方が、理解力に圧倒的な差が生まれるのです。

また、単語と同様に、これから音読しようとする文章構造や構文も把握しておきましょう。
音読をしてわからない文章があった場合は、和訳と照らし合わせて、構造を理解する勉強も必要です。

音読の回数を重ねる

同じ英文を何度も音読することによって、文章を読解する力と正しい発音を身に付けることができます。
2~3回で止めてしまった場合、それまで音読した効果が定着せずに終わらせているのと同じことです。

音読は簡単に効果がでるものではなく、ミスを修正し、回数を重ねて鍛錬することで読解力がアップします。
英文を読む速度がアップし、正しい発音も身に付く音読を、英語の勉強に取り入れてみることをおすすめします。



関連記事

注目予備校から自分にピッタリの予備校を診断!予備校診断はStart!

カテゴリー

アーカイブ