早慶の学費はどれくらいになるのか

「早慶の学費はどれくらいになるのか」サムネイル画像

早稲田大または慶応大を目指したいけど、私大はお金がかかるので、やむなく国立大を志望する、という受験生もいるでしょう。受験生が家計を心配して志望大学を決めることは、親想いの貴い行動といえますが、正しい情報を元に判断しているでしょうか。

「本当は国立大ではなく、早慶に行きたい」と思っている受験生は、早慶の正確な学費を把握して、その情報を元に保護者と検討してみてはいかがでしょうか。お金の話は「なんともならない」ことが多い一方で、「なんとかなる」こともあります。早慶は国内最高峰の私大なので、何とか手を尽くしてみてください。

早稲田大の学費

早稲田の学費は次のようになっています。
ここでは文系の代表として政治経済学部の学費を、理系を代表して基幹理工学部の学費を紹介します。

初年度分の学費は入学金が入り、このようになります。

単位:円

政治経済学部

基幹理工学部

入学金

200,000

200,000

授業料

999,000

1,446,000

実験実習料

12,900

60,000

学生読書室図書費

500

0

学会入会金

1,500

0

学会会費

2,000

0

学生健康増進互助会費

3,000

3,000

合計

1,218,900

1,709,000

2~4年生の1年間の学費はこのようになります。

単位:円

政治経済学部

基幹理工学部

授業料

1,199,000

1,646,000

実験実習料

0

96,000

学生読書室図書費

500

500

学会入会金

0

0

学会会費

1,500

0

学生健康増進互助会費

3,000

3,000

合計

1,204,000

1,745,500

4年間の合計はこうなります。
政治経済学部:4,830,900円(=1,218,900円+1,204,000円×3年間)
基幹理工学部:6,945,500円(=1,709,000円+1,745,500×3年間)

学費は、文系か理系かでも大きく違うことがわかります。

慶応大の学費

慶応大の学費はこのようになります。文系の代表として文学部の学費を、理系の代表として理工学部と医学部の学費を紹介します。

単位:円

文学部

理工学部

医学部

入学金

200,000

200,000

200,000

在籍基本料

60,000

60,000

60,000

授業料

870,000

1,260,000

3,040,000

施設設備費

190,000

220,000

350,000

実験実習費

0

100,000

190,000

その他

3,350

3,350

3,350

初年度合計

1,323,350

1,843,350

3,843,350

2~4年生の1年分
(医学部は2~6年生の1年分)

1,123,250

1,643,250

3,643,250

1~4年の合計(医学部は1~6年の合計)は次のようになります。
文学部:4,693,100円(=1,323,350+1,123,250×3年)
理工学部:6,773,100円(=1,843,350+1,643,250×3年)
医学部:22,059,600円(=3,843,350+3,643,250×5年)

医学部になると6年間で2,200万円にもなります。
ただ、文系も理系も、慶応大の学費のほうが、早稲田大より安いことがわかります。

国立大の学費

次に国立大の学費をみておきましょう。
授業料(1年間)535,800円
入学料282,000円
金額は、理系文系、医学部を問わず同額です。
4年間の学費は以下のとおりです。
2,425,200円(=282,000円+535,800円×4年)

早慶で最も安い学費は、慶応大の文系(文学部)の4,693,100円(4年間)なので、国立大はこの大体半額となります。

早慶ならではの出費と収入

早慶に入ると、学費以外にもお金がかかります。例えば、北海道札幌市に住んでいる受験生が地元の北海道大に入れば、自宅から通うことができるので、アパート代や食費などはかなり節約できます。しかし、札幌市に住んでいる受験生が早慶に入るとなると、引っ越し代、アパート代、食費といったお金がかなりかかります。

また、札幌と東京では、物価水準が違います。札幌の学生と東京の学生が「同じ生活」をしても、東京のほうがお金がかかります。ただ、アルバイトは東京のほうが有利でしょう。2019年度の最低賃金は、北海道の時給861円に対し、東京の時給1,013円です。東京の時給は北海道の時給より18%も高額です。そして、早慶というブランドがあれば、家庭教師や塾講師のバイトの時給は高額になるはずです。

まとめ

お金の話はかなりシビアな問題です。家計を考慮して私大受験を回避することは、ある意味やむを得ないかもしれません。ただ、早慶となると話は別です。早慶を卒業して社会人になると、大きなチャンスをつかみやすくなります。早慶ブランドを身につけることも、人生の大きな喜びになるはずです。「早慶に合格すれば人生が変わる」といっても大げさではありません。

「どうしても早慶に行きたい」と考えている受験生は、この記事で紹介した学費の額を保護者に知らせて、今一度しっかり話し合ってみてはいかがでしょうか。教育ローンや奨学金などを使えば「お金のことはなんとかなる」かもしれません。

関連記事

注目予備校から自分にピッタリの予備校を診断!予備校診断はStart!

カテゴリー

アーカイブ